中古車の売却をする前にしておきたいことといえば、突き詰めると

中古車を売る際の最初のステップは、業者に査

中古車の売却をする前にしておきたいことといえば、突き詰めるとたった2種類しかありません。
まずウェブの一括査定サービスなどを使って相場をつかむのが先決です。自分の車の価値をだいたいでも把握しておかないと、低い価格を提示されて損をする可能性もあるわけで、それを避けるためにも絶対に相場知識は必要なのです。



次に大事なのは、車をきれいにしておくことです。
といってもボディはそこそこで構いません。

重点ポイントは車内です。
拭ける部分は拭きマット類は洗ってよく乾燥させましょう。

臭いがあると査定で減点されるのは間違いありません。

ほとんどの中古車販売業者は良心的ですが、稀にしか見られない事でしょうが、中古車買取店舗の中には悪質なものも存在しています。


その手口の一例を挙げると、見積もり査定を依頼する際に、「見積もりした後にその車を持ち帰っても良ければ査定額をアップさせることが可能ですよ」などと言われ、車をなるべく早く引き取りできるように強く希望されて、その車を受け取ったが最後、料金を支払う気配は見せずに、その会社の連絡先がなくなっているという手口の詐欺も横行しています。決められた一定の契約手続きを行おうとせずにせかせかと車を持っていこうとする会社は特に注意した方が良いでしょう。ベビーシートやジュニアシートなどを取り付けたマイカーを売却するのでしたら、はずしてからのほうが良いでしょう。

中古車の見積りではそれらは加点される項目ではありません。


もともとチャイルドシート自体は中古でも人気が高い品物ですから、取り外してからリサイクルショップなどで売ればきちんと値段がつくものですし、一部のブランド品などは思いがけず高値で処分できる場合もあります。

実際に、車をいくらで買い取ってもらえるかは業者によって違っており、一歩間違うと、かなり値段が違ってくることもあります。


査定に出す業者を一つに絞らない方がいいというのはこれです。

複数の買取業者に対して査定依頼を出す場合、一括査定サイトを利用すれば便利に査定依頼でき、大して手間が増えるわけではありません。
車を引き取ってもらう場合には名義変更の手続きの必要があるので、ちゃんと書類をまとめておくことが大事なのです。



名義を変える書類や手続きの時は、自動車検査証と自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書を使用します。
ほかにも、譲渡証明書に捺印するので実印も用意します。

家庭の環境が変わったので、主人と相談して所有していた2台の自家用車のうち1台を、売却する事に決めました。


今まで売却の経験が無かったので、どの業者が良いのか分からなかったので、ひとまずインターネットを利用して近所の業者に査定をお願いしました。
買取をお願いした車ですが、私がよく乗っていた紺色の軽自動車で10年落ちのものでした。


査定結果が不安でしたが、ランチを家族で楽しむことが出来るくらいのお金で売れました。

自分の車は以前事故に遭っています。フレームを直してもらったことがあるので、修理歴のある車ということになるでしょう。しかし、修理跡は簡単に見ただけでは分からない箇所にあります。業者に買取を依頼する際に修理歴のことは言わなくてもいいのでしょうか。後になって減額請求などと言われても気分が悪いですし、最悪の場合は裁判沙汰になるかもしれません。
そうしたリスクを抱え込んでしまうと思うと、修理歴は素直に報告しておくことにしました。



業者による実車の査定においてはメーカーがどこか、車種は何か、ということだけではなくて、車検証の情報から年式、グレード、カラー、などを確認するのは当たり前のこととなっています。

それから、例えばエアコンの効きからウインカー、車そのものの動作に至るまでチェックは行われ、エンジンルームをくまなく点検することももちろん必要なことですから、それらも考え合わせると、査定自体にかかる時間というのは15分から30分くらいは必要だと考えておいた方が良いでしょう。


車の出張査定が無料であるかは、中古かんたん車査定ガイド業者のHPを確認すれば分かるようになっています。万が一、査定に関する情報が少なくて、その点の掲載がない場合には、直接電話をしてみて確かめるようにしましょう。



査定でお金がとられるのはたいへんもったいないので、少しばかり、面倒だと思わず事前に確かめてください。中古車を売却する時には書類をたくさん用意する必要が出てきます。
特に自動車検査証、つまり車検証は、とても重要な書類なのです。
その他には、自賠責保険証明書や自動車税納税証明書。


印鑑証明書など譲渡証明書、様々な書類を用意しておく必要があります。

あと、実印もいるので、きちんと用意しておきましょう。