2~3年前のことになりますが、車の買い替えを

愛車を業者に売る時は、可能な限り高額で売れるように、精一杯す
2~3年前のことになりますが、車の買い替えを思い立った際、より高い値段で買い取ってもらえる業者を見つけたいと思っていたことがあります。

その際は、情報収集の方法としてインターネットで車の買取価格を詳しく調べた上で、車の一括買取サイトに買取を依頼しました。



想像以上に低い金額の提示が大部分だったのですが、中古車の市場価格は時期によってもわずかに異なるようです。中古車をディーラーへ下取りに出す場合にはいろんな書類が必要になってきますが、その中の一つが自動車納税証明書です。仮に、納税証明書を失くした場合には、税事務所等で再発行を行うことになります。車関連の書類は、失くすことがないように日頃から管理しておくことが大切です。ずっと乗用していた車を業者に買い取ってもらった後、次に使う車が手に入るまでの間、間が開いてしまう場合もあるでしょう。買取業者のうち、代車の利用ができるところも増えています。

査定時に相談していれば代車を準備する手はずを整えてくれることもあります。



または、新しい車の契約先のディーラーが代車を貸し出すことも多いので、そちらにも話してみてください。



中古で車を売るなら覚えておきたいのが、パソコンを使って調べられる査定額についてなのです。ネット査定の価格が車の査定時によくあるトラブルの原因になります。

提示された価格につられて買取業者に来てもらって、現物をみて金額を出してもらうと、傷などの理由で予定よりも低い価格になる事例がたくさんあります。
ですので、現地査定を受けるときもいくつかの業者に依頼するのが売却額を高くすることにつながると思います。

車の査定時、どうせならなるべくいい値段で車を手放したいところです。


そこで役に立つ方法があり、以下のように進めていきます。

最初にいくつかの業者をあたり、価格の話をすることなく、見積もりだけしてもらいます。


そしてそれらの中から一番高い金額を目安として業者との価格交渉をしていきます。


話がスムーズに進めば、基本としていた金額より、さらに上乗せした額をつけてもらえることがありますが、値をつり上げようと何度も繰り返すと、本気で売る気はなさそうだと思われてしまうこともあり、それは都合が悪いですから、あまりしつこくアタックするのはおすすめできません。

業者やディーラーに車を引き取ってもらう時名義変更の書類、手続きが必要となるため、書類をちゃんとまとめとくのが必要です。



名義変更の手続きの場合は、自動車検査証と自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書がいります。

あと、譲渡証明書に捺印するので実印も用意します。
それぞれの車種によって、人気の色には違いがあります。トラックは昔からホワイトが不動の一番人気です。ところが、他の車種はどうなのかというと、ホワイト・ブラック・グレー系が査定額が高い人気色です。

売り上げの高い色、すなわち、多くに人に受け入れられてる、いわゆる「定番色」が査定結果に有利に働きます。パール系やメタリック系の色になりますと、ソリッドカラーよりも査定結果が良いそうです。
あるいは、限定色の場合も高値になることがありますね。もし、事故車であった場合などには売れるのかどうか迷うこともあると思います。



新車に買い替えたければディーラーへ新車購入の相談と同時に下取りについて聞く方が一番確かでしょう。車の買取業者へ依頼する際には普通の買取と共通で、買取値に多少の差が出る理由は、年式や走行距離、部品状況などによるものです。

ポイントは現行の型かどうか、また部品が全て純正かどうかで、もしそうだった場合には割合高値で買い取られることが多いです。